履歴書の書き方 – その2

「勝つ‼転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク / 法研

 

⑧「免許·資格」で役立つスキルをアピール

応募した仕事に役立つ資格を持っていたら、とても有利です。詳しく書いてアピールしましょう。ただし、役立つ資格でも、「珠算6級」など低いレベルの資格は書かないほうが無難です。現在、勉強中であっても、資格にチャレンジする前向きな姿勢は評価されるので、書いておきましょう。

 

⑨「退職理由」は前向きな理由に限る

転職者の採用で、採用側が最も注視するのがこの欄です。ここに書いた内容は、面接のとき必ず聞かれます。転職の理由で最も多いものは「人間関係」。上司とのぎくしゃく、同僚とのいざこざ、部下とのあつれきなどでしょう。そして、「待遇への不満」。ですから、「上司と合わなかったから」「給料が安かったから」が本音であっても不思議ではありません。しかし、そのまま書いたのでは書類選考は通らないのも事実です。ここはあくまでも、転職を前向きに捉え、やりがいのある仕事にこだわったブラス志向の理由を書くようにしましょう。

 

⑩「志望動機」は企業をよく研究して具体的な動機をあげる

「退職理由」とともに採用側が重視するのが、その会社を選んだ「志望動機」です。本音は「給料が良いから」「休みが多いから」であっても、待遇面での動機は書かないのがふつうです。あくまで業務に関した動機がメインです。「入社したらどんな仕事をしたいか」を中心に、「自分のスキルを生かしたい伸ばしたい」といった希望を強調するといいでしょう。

よく記述の例として「貴社の社風」「貴社の将来性」などの文例を見かけますが、あいまいで説得力に欠けます。もう少し企業研究をしたうえで、相手が「なるほど」と思う具体的な内容に触れていないと、アピールできないでしょう。

 

⑪「趣味·特技」で積極的な人生をアピール

直接仕事に関係する特技でなくても、人生を前向きに捉えている姿勢をアピールできる特技や趣味なら積極的に書きましょう。スポーツや釣りなど「健康分野」、旅行や読書、絵画などの「文化分野」が一定の評価を受ける趣味です。趣味ではないですが、少年野球の監督や、福祉施設のサポートなどのボランティアも高い評価を受けます。反対に、趣味に違いなくても、ギャンブルやお酒、テレビなどは評価されることはないので書かないのがふつうです。

 

⑫「健康状態」は特に問題なければ「良好」と書く

特に健康上の問題がなければ「良好」と書きます。入院歴があっても全快していれば、「良好」。病気といっても業務に支障がない生活習慣病などなら「良好」。ただし、通院のため業務に影響がある場合は隠さずそのことを書きます。

 

⑬「本人希望」はどうしても通したい希望を書く

どうしても通したいという希望があれば、「本人希望」の欄に書き入れます。勤務地が都内でないと入社できないといったケースです。職種、給料、勤務地·休暇などの希望を書きますが、夢のような希望は無理です。「年収400万円だったので同程度」といった根拠のある「希望」を示します。

 

⑭「通信欄」は人事担当者への連絡スペース

履歴書の最後にある「通信欄」は人事担当者への連絡スペースと考えていいでしょう。現在、在職中であれば、昼間の連絡方法などを伝えます。会社訪問の希望などを書いてもいいでしょう。ほかに欄がなければ、いつごろ入社できるかといった伝達も、この欄でします。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク