職種別に見る職務経歴書のポイント

これまでの経歴に関するデータを集め終わったところで、次にそれぞれの職種について、どんなところをアピールしたらよいのか、ポイントを見ていこう。

職務経歴書の書き方・フォーマットはコチラを参考に

[営業職]

営業職は、職務経歴書が比較的書きやすい職種である。実績が「数字」という形で明確に表れるので、書くための材料がそろえやすいからだ。企業側が、営業職について知りたいポイントは、以下の3点だ。

  • 1)どこに(企業相手なのか、一般家庭なのか、対象とする性別、年齢層など)
  • 2)何を(商品は何か)
  • 3)どんな方法で(戸別訪問なのか、ルートセールスなのか)

つまり、企業が一番知りたいのは、あなたがどんな営業を行っていたのか、という点だ。扱っていた商品や顧客対象、販売方法などをできるだけ詳しく書き、希望職種への適性を訴えよう。

主任や店長などのマネジメントの経験があれば、業務範囲や部下の数などを必ず記載しよう。マネジメント経験は、どんな職種にも応用が利くことから、企業の評価は高い。

 

アピールポイント

  • ①営業していた商品、使途など(例、戸建て住宅、マンション 価格00円)
  • ②営業実績·販売実績(例,年間成約00件、月間販売数00件)
  • ③顧客対象(例. 40-50代主婦、官公庁)
  • ④営業方法(例·企画営業、戸別訪問)
  • ⑤担当地域·顧客数(例·東京23区、顧客数。10人)
  • ⑥マネジメント経験(例·多摩支社営業部主任<0年0月->、立川市内の営業を統括)

 

[事務系職]

ここでいう「事務系職」には、総務部、業務部、宣伝部、経理部、人事部などが含まれる。「スタッフ職」といわれることもある分野である。主な役割は、経営管理活動の専門的な立場からのサポートだ。

事務系職は、生産ラインの主流からは離れているため、「実績」を目に見える形で評価するのがむずかしい職種でもある。

事務系職に当たる各部署が担当する職務内容の幅は、いずれもかなり広い。経験を積んでいけば、より高度な内容の仕事を任されるようになるのは、ほかの職種と同じことだ。

事務系職の場合,職務経歴書にはこれまで携わってきた職務内容をできるだけ詳しく記載していけばいい。これらの職種を募集する場合、ほとんどの企業が「経験者採用」の形を取っている。採用の可否はキャリアによって決まる。

 

アピールポイント

  • ①経験した業務(例,慶弔時の手配,進行、プレス関連への発表)
  • ②取得した資格(例,社会保険労務士、システムアドミニストレータ)
  • ③かかわった催事(例,創業0年記念式典、会社説明会)

 

[技術職]

技術職は、職務経歴書を書く際もポイントが絞りやすい。担当する業務が限定されており、専門分野が明確だからである。しかし、専門性の高い職種なので、一般的に文章での説明だけでは職務内容を理解してもらいにくい。

そういった意味で、編年体式よりもキャリア式でまとめるほうがよい。その際には材料をジャンル別に整理して理解を助ける、表組やグラフを多用して視覚に訴えるなどの工夫が必要である。特に職歴が長い人は冗長な印象を持たれないよう注意したい。

技術職の場合、書式に気をつけることだ。パソコンの習熟度や図面作成の能力などは、職務経歴書の書式にそのまま反映するからである。

 

アピールポイント

  • ①業務内容(チームで取り組んでいる業務内容を詳しく書く)
  • ②担当業務(例,新車00のエンジン設計を担当)
  • ③使用機種(開発に使っている機器を具体的に書く)
  • ④業務歴(これまでの異動、配属先を書く)
  • ⑤所有資格(例·第一種情報処理技術者)
  • ⑥特許·実用新案(チーム、または個人で申請したものがあれば書く)
  • ⑦その他(セミナーの受講歴、定期購読している雑誌、マネジメント経験など)

 

[専門職]

技術職と同じく専門性がはっきりしているのが、コピーライター、デザイナー、編集者などの専門職である。

しかし、専門職には技術職と異なる点もある。それは職務内容を列記するだけでは能力の判断ができないということ。

専門職の技能を明示するには、担当した広告や記事などの「作品」を添える必要がある。ただし、そうした作品には作り手の「色」が出てしまうので、場合によっては応募先の企業のニーズに合わないこともある。自分の「作品」の傾向と企業のカラーをマッチさせなくてはならないという点が、専門職の転職のむずかしさである。

 

アピールポイント

  • ①センス(デザイナー、アートディレクターであれば経歴書のレイアウトにも留意
  • ②ディレクション経験(クライアントとの交渉力、スタッフとの協調性をアピール)
  • ③受賞歴(コンテストでの受賞歴)
  • ④コンピュータ経験(DTPやグラフィックの使用ソフト、経験年数など)

 

[管理職]

「管理職」というだけあって、企業が求めているのは管理能力である、と考えてしまうのはやや早計だ。課長レベルでは、マネジメントの能力よりも「専門的知識·実績」「企画力·創造力」「実績(営業成績など)」が重視されるポイントだ。

また、規模の大きい企業で育った人材や、有力企業のノウハウをほしぃ中小企業もあり得る。

管理職にはそうした実務能力をまず押さえた上で、新しい仕事を開拓していく能力やリーダーシップが要求されることになる。職務経歴書には、管理職の経験はもちろんだがそれ以前の実務経験や新規事業への取組みの実績などを盛り込むこと。

 

アピールポイント

  • ①専門分野(一般社員時代の職種·実績など得意な業務をアピール)
  • ②新規事業(自分が提案した企画、リーダーとして成果を挙げた事実など)
  • ③マネジメント経験(例·本社販売部一課長<部下0人,-販売実績し
  • ④社外勉強会(例,異業種交流会00に参加、幹事を務める)

 

[希望職種が未経験の場合]

職務経歴書は、なにも経験豊富な人たちだけのものではない。希望職種の経験がない人であっても、応募先の企業からの指定がなくても、自分をより強くアピールする手段として、ぜひ提出することをおすすめしたい。

これまでの職歴が、応募する職種に直接関係がないとしても、それらの業務で自分が何を学んできたか、それを今後どう生かしていきたいのかを書けばよい。ここでは職務経歴書の書式に決まりがないことを逆に利用するのだ。

ただし、あくまでも常識的なルールはふまえよう。自分を売り込む熱意と、ストーカー的なしつこさとは紙一重である。この点は、十分に自覚してほしい。

アピールポイント

  • ①前職の経歴(希望職種と関連のある部分をアピール)
  • ②研修の内容(前社での研修で学んだことをアピール)
  • ③人にない経験(学生時代のサークル活動、ボランティア経験など)
  • ④セミナーなどの受講歴(外国語学校、パソコン講座など、実務的なものをアピール)

 

 

必ず成功する 履歴書・職務経歴書の書き方・見せ方 日本実業出版社

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク