リストラされたらすぐ次の仕事を探すようにしよう

のんびり雇用保険生活を送るほど世間は甘くない

再就職は大企業出身の人ほど難しいという傾向があります。

これは、中堅·中小企業出身の人に比べて、有名な会社や仕事内容のしっかりとした会社を吟味しすぎているからです。

もちろん、吟味するのはいいのですが、自分の要望を強く出し過ぎるために、相手に嫌われることになりかねません。

これがややこしいのは「自分に価値がないのではない」という不安感とないまぜになっており、それだけにそうしたおごりの気持ちを自分で気づかないから。

どんな時でも、謙虚な気持ちで自分自身をしっかりと見据えるということが肝心なのです。

大企業出身の人は、これまで転職経験があまりなく、リストラされて初めて転職を経験するという人が多いですが、中堅·中小企業出身の人は、すでに何度か転職の経験があり、職探しに慣れているということがあります。

また、会社選びにおいて、すでに大企業とかそのグループという看板がたいした意味を持たないことを熟知しています。

いずれにしても再就職をする場合、これまでの会社に対する価値観を一度、捨て去ることが必要です。

そして、早めに転職活動を開始することです。雇用保険が出るからと、数カ月間ゆっくり構えている人が多いですが、実はこれが命取りとなります。再就職に対して危機感が薄いと受け取られるのです。

ブランクが短い人ほど転職はすぐ決まり、長い人ほど決まりにくいという傾向があります。半年以上ブランクを置くことはなるべく避けるようにしてください。

取り急ぎ、ネットの転職サイトや転職エージェントにいくつか登録し、転職エージェントに会ったり、自分の経歴の棚卸をしてみることから始めてはいかがでしょうか(*転職エージェントとは?)。

 

 

再就職・仕事の見つけ方ガイド 小島郁夫 ぱる出版

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク